HOME

ーillustrationー

バナーをクリックすると新しいウィンドウに絵が表示されます。

見たくないから美しい。それ故に、醜い。

結局ひとりぼっちの僕らは、
  ふたりでわらいあっていくんだね。

なんにもないわたしはただ、
せかいのおわりをうたっていた

落書き帳へ


空ばかり見ていた、平成二十二年、夏の歌。

あらまぁ、これまたパチパチと、
うつくしゅうございますなぁ。からから。

その世界では、光も枯れる

悩み。迷い。戸惑い。悲しみ。苦しみ。
でもいつかはきっと、晴れ渡る空。

咲いた!咲いた!あたしだけの花!

Gyau!Gyau!

かなしいものはかなしい。
でもうれしいきもちはみんなおんなじ。

ー 人は必ず死ぬ ー

それは甘くて苦い私の恋愛哲学

飛び跳ねる月兔
今宵も江戸に、其の影延ばす

其の嘆きこそ我の糧也

この想いは淡く長い、虹のようにー

神は死んだ

愛と誠携え、
男は男らしく、女は女らしくあれ!