[キャラクター化する現代人]
さて社会派なタイトルで始まりました。
そうです。今回は現代人に一言ものもぉーーーーす!!!
ぞ。

その前に今週のWeeklyの話を。うぃーくりー。

えと、

趣味丸出しですいません…。

ちょっと描こうとしていたイラストがうまくいかなくて、
キレちまいました。
しかしキレたはいいがキレたのが昨日で、時間がないわけですよ。
とにかく本能の赴くままに描いたらあんななったわけですよ。
で、時間がないからアナログで塗ったわけですよ。
それで塗ったら失敗するわけですよ。
時間がないわけですよ。
しょうがないから、もっかい塗るわけですよ
そしたらまた失敗するわけですよ。
結局夜になるわけですよ。
時間がないわけですよ。
とにかく塗るしかないわけですよ。
で、更新日に突入するわけですよ。
なんとか形にはなったわけですよ。
しかし当初の構想まではできなかったわけですよ。
そして今に至る。


というわけで、
この落書きの完成形は次回illustrationの方へアップします!
基本は変わんないと思うけど、ちょっとキモチワルサがアップするアレンジにする予定です。
お楽しみに!あははゅっ!!


******************************************
以下お題へ
******************************************

女の子キャラクターを塗っていて思ったこと。
これってお化粧してるみたいやな。

そういえば肌の塗りって言うのはメイクに近い。
イラストもアイシャドウとかまつ毛とか頬の赤みとか唇とか、
どんな風に入れれば可愛く、美しく魅せられるかを考えて塗る。
基本概念はメイクもイラストも全く同じなのかも。

そして
最近テレビやファッション誌を見て思ったこと。
この娘達って描いたみたいなルックスやな。

否、
描いたようなルックスにメイクアップしているんじゃないか?
(実際雑誌では写真加工してるんだろうけど)
今はワックスとかスプレーとか髪染めとかのいいやつが簡単に手に入るので、
それにより有り得ない髪型ができるようになった。
メイク道具もそう。
質の高い道具がドンドン増えてきた。
自分の顔を描くようなメイクができるようになった。
殆ど自分の顔じゃないくらいまでのメイクができる。

なんかこれってキャラクター化してるんじゃ…?

個人的には頬の赤みを入れるメイクはなしじゃないかと。。。