[大創作時代]

プロってなんだろう?
インターネットの発達により誰もが自分の作品を発表できるようになった。
誰もがそれを評価することができるようになった。
結果、世に埋もれていた才が次々と現れる。

pixivやmuzie、youtubeやニコニコ動画などを覗いてみるとそんな才能達を垣間見ることができる。
そこにはプロやアマといった区別は最早ない。
ていうかみんな巧い。
「あくまで趣味」。
そういってみんな凄い巧い。
同じ土俵にいるのが馬鹿馬鹿しくなるくらいに巧い。

だからこそ思う。
プロってなんだろう?と。

特に音楽界は顕著。
現代素人でもプロと同じ機材が安く手に入る。
さらにはフリーで商業品に勝るとも劣らないものがいくらでも手に入る。
そこから作られる音楽は素人耳ではプロアマの区別は殆どつかない。

今、才能の氾濫が起きている。
それにより逆に埋もれていった才能すら現れている。
ネットによってたくさんの才能達がひしめきあう、
まさしく大創作時代が到来した。
プロやアマといった区別の意味はなくなり、
皆が一人のプロを崇める時代ではなくなってきたのだと思う。
一人が一人の才能を認めていく、「一家に一台」の時代になってきたのかも。