[光咲く世界のお話]

光が咲く世界はどこにある?
この世界の向こう側?それともこの世界の中に…?

そこに何が在るだろう?或いは何が無いだろう?
罪、悲愴、嘆き、、、
影を落とすこと全部、種子と為し、芽を出し、咲かせてしまえ。
でも、やがては枯れてしまうのかな?
そしたら、そこに何が残る?
世界は残る?

消えてしまう。












まあ、別にそんな世界のことはどうでもいいんですけど、
TOP絵更新しました!。。。ヤットネ。。。
それに合わせTOPページも雰囲気変えてみました。
秋の季節感をベースに、右の方では雪をちらつかせ、冬の予感を演出してる感じです。
冬になったらまた、春の予感をちらつかせながら、TOP更新できたらいいな。
そんなちっぽけな願い。


では、すごく久しぶりに描くことができた新作イラスト「光が咲く世界」の話なんかを。
まず先週公開したラフとはセレーネのポーズが異なります。
 あ、「セレーネ」というのは手前に居る青い髪の娘の名前です。ちなみにガールズバンドのボーカルをやっているという設定があります。
 そんなことは見る人にはかなりどうでもいい情報ですけど。
それで手前の娘はやっぱりデッサンおかしいので描き直しました。(詳しくはこのページへ
雰囲気勝負とか言っといてもやっぱり気にしてしまう。。。
(下のイラストは加工前のコピック塗り時点での二人の立ち絵です)


      

簡単に「描き直しました」とか言いましたが、簡単にはいきませんでした。
デッサンのド下手なわたしが、こんな奥行きのあるポージングを描くなんて、、、ムボウね、、、
実に前々日まで線画出来なかったです。ダメダメだ、、、
それで前々日の夜に、やっと、まあいいかな…?、くらいまで仕上がったので、
徹夜で色塗り!
朝を迎えて、昼まで寝て、デイリーワークをこなして、前日の夜に、
徹夜で仕上げ!
それでなんとか宣言通りの日に完成、公開しましたよ!

なんでこんなに頑張るの…?
締め切りが絶対なわけでもない、お金になるわけでもない、誰が待っているわけでもない、
なのになんで頑張るの、わたし…?

結局これって頑張ってるというわけじゃなくて、
わたしのイラストが出来たとき一番嬉しいのは、わたしなんです。
わたしのイラストが出来るのが一番楽しみなのは、わたしです。
だから、ですね。
クリエーターって皆そうなのかな?